FAGA

女性のAGA(FAGA)とは?

 

AGAというと、男性の薄毛というイメージがありますが、女性の薄毛でもAGAによる場合もあります。女性のAGAのことを、「FAGA」と呼びます。しかし男性の薄毛とFAGAは、原因や特徴が異なるため、治療法についても女性と男性とでは異なります。

 

女性のFAGAはルードヴィヒ分類という方法で大きく5つのタイプに分類できます。

  • 正面から頭頂部が全体的に薄くなる薄毛
  • 頭部全体が薄くなる薄毛
  • 男性AGAのようにおでこのM字がどんどん後退する薄毛
  • 毛根が破壊されて発毛しなくなる瘢痕性脱毛症
  • ホルモン分泌以上や薬の影響で脱毛症になった薄毛

があります。

 

FAGA(女性AGA)の原因

 

女性がFAGAになる主な原因は、女性ホルモンの分泌と大きな関係があると言われています。女性は誰でも年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が減ってくるので、頭皮全体の髪が薄くなってきますが、ストレスや疲労などが原因でも女性ホルモンはバランスを崩しやすいという特徴があります。

 

男性と同じようにフルタイムで働く女性が多い現代社会では、大きなストレスを抱えながら生活していたり、慢性的な疲労を抱えている女性はとても多く、それが女性のFAGAという薄毛トラブルを引き起こす原因になっているのです。また、その他にも無理なダイエットをして体が栄養不足の状態になったり、慢性的な寝不足や貧血などが原因となることもあります。

 

 

FAGAになりやすい女性の特徴

 

女性のFAGAは、女性なら誰でもなる可能性を秘めています。しかしなりやすい女性の特徴や傾向があるので、知っておくことで自分自身のリスクを最小限に抑えることができます。どんな女性がなりやすいかというと、几帳面な性格やストレスを溜め込みやすい性格の人、また完璧主義者の女性などが該当します。

 

こうした性格の人はストレスを溜め込みやすいため、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、FAGAになりやすいでしょう。その他には、食事制限を伴うダイエットをしている人や、夏でも手足が冷たい冷え性の人も、FAGAリスクはとても高くなります。

 

FAGAの治療法

 

アラフォー以上の女性に多く見られるFAGAの治療法は、一般的なAGA治療に使われるような抗アンドロゲン薬ではなく、血行促進作用が高いミノキシジルなどを使った治療を行うのがオススメです。

 

また、食生活を見直してバランスよい食事を心がけたり、サプリメントで発毛や育毛が期待出来る成分を積極的に摂取することも、治療法としては効果的です。その他にも、ストレスを溜めないような解消法を見つけたり、夜は最低でも7時間ぐらいは睡眠時間を確保することも、高い効果が期待できる治療法と言えます。

 

関連ページ

治療は必要?
女性の薄毛は治療が必要なのでしょうか?ハゲにはなりたくないし、治るなら治療をしてみたい人も多いでしょう。女性の薄毛は治療が必要なのか、どのようにしたら対策が出来るのか?
ヘアカラーではげる?
ヘアカラーをすると、女性は薄毛になるのでしょうか?ヘアカラーは確かに女性の頭皮にも髪にも大きなダメージを与えます。ヘアカラーをするよりはしない方が良いようです。ですが、おしゃれはしたいですよね。ではどうしたら良いのでしょうか?
アラフォーで抜け毛?
アラフォーになると女性ホルモンが急激に減少し始めて平均50歳と言われる閉経に向かって確実に減り続けていきます。女性ホルモンの分泌が減れば薄毛につながって行きますので、アラフォーになる前から薄毛対策は必要でしょう。
毛根の寿命は?
女性にも男性にも髪には毛周期があり、生え変わります。髪の毛が伸び続けることはなく、逆に抜けてもまた生えてきます。生えてから抜けるまでの間を毛根の寿命ということもあります。毛根の寿命は案外長いです。
都市伝説
髪の毛に関する都市伝説を紹介。昔から言われている言い伝えのようなものもあるので、嘘か本当か確認してみましょう。