女性 薄毛 脱毛症

女性の脱毛症の特徴

 

女性の脱毛症には、6つの症状があります。あなたの脱毛症はどれに当てはまりますでしょうか?一つずつ特徴がありますので、ご確認ください。

 

びまん性脱毛症

 

びまん性脱毛症とは、アラフォー以上の女性に起こりやすい脱毛症の一つで、部分的ではなく頭皮全体が薄毛の症状が現れます。髪の分け目から地肌が透けて見えたり、髪全体にボリュームがなくなったり、トップがペタンコになりやすくなるという症状が一般的で、こうした症状を自覚している女性は、もしかしたらびまん性脱毛症状が現れているのかもしれません。

 

分娩後脱毛症

 

女性の出産後には、ホルモンバランスが一時的に崩れてしまうため、分娩後脱毛症という脱毛の症状が起こりやすくなります。一時的なホルモンバランスの崩れなので、多くの場合には放置していても自然にトラブル解消できますが、薄毛が気になってストレスになってしまうと、症状がひどくなることがあるので注意しましょう。

 

粃糠性脱毛症

 

粃糠性脱毛症とは、皮脂やフケなどが毛穴をふさぎ、そこから雑菌が繁殖して毛穴が炎症を起こしてしまうタイプの薄毛です。女性だけでなく男性も起こりやすく、頭皮が炎症を起こしてしまうために、毛穴の中の毛母細胞が壊滅的なダメージを受けてしまうことがあり、そうするとその毛穴からは髪が生えてこないという永久的な薄毛になりやすいという特徴があります。

 

円形脱毛症

 

男性に多いと言われている円形脱毛症ですが、女性にも症状が現れることがあります。円形脱毛症は、頭頂部や後頭部が部分的に毛が抜け落ちてしまうという症状が起こります。ストレスが原因になることが多く、ある日突然髪がごそっと抜けて円形脱毛症になるケースが一般的です。

 

牽引性脱毛症

 

女性に多いと言われている牽引性脱毛症とは、毎日ポニーテールなど髪を引っ張るような髪型をしていることによって、毛根が弱くなって抜けてしまうという薄毛のタイプとなります。毛根が弱くなって髪が抜けてしまっても、髪の毛周期に合わせて新しい髪が生えてくるので、それまでは頭皮マッサージなどをして血行促進することが最短の解決策となります。

 

脂漏性脱毛症

 

脂漏性脱毛症とは、ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌が活発になり、それによって皮脂が毛穴を詰まらせてしまうというタイプの薄毛です。頭皮や髪がオイリーな状態になるので、もしかしたら自分はオイリー肌なのではないかと考える女性は多いのですが、実はホルモンバランスの崩れが原因で引き起こされていることが多いのが特徴です。規則正しい生活や食生活、ストレス解消などによって自然に解消できるタイプの薄毛です。"

 

関連ページ

男性と女性の違い
女性には男性の育毛剤を付けても多くの場合効果がありません。それは女性と男性の抜け毛原因に違いがあるからです。それを知らずに男性用の育毛剤で生えてこないと悩んでいませんか?女性の薄毛と男性の薄毛は原因や症状が異なります。男女の抜け毛・薄毛の違いを知りましょう。
ヘアサイクル
女性の薄毛を語る時に必ず必要なのがヘアサイクルについて。ヘアサイクルとは髪の毛の生まれ変わりのサイクルのことです。髪の毛は生まれたら必ず抜け落ちます。その過程において、毛根が安いんでいる期間を短くすることで抜け毛対策になります。
17型コラーゲンの減少
「薄毛原因は17型コラーゲンの減少にあった」と東京医科歯科大の西村栄美教授が発表されました。17型コラーゲンはタンパク質で、この17型コラーゲンを作るような薬が開発されることが望まれています。10年後には、画期的な薬ができていることでしょう。楽しみですね。
女性のつむじが薄毛になる原因と対策
女性のつむじ周辺の薄毛は、円形脱毛症のように部分的に薄くなるものではありません。全体的につむじ周辺がうすくなり、薄毛が広がっていく感じ。女性のつむじ周辺の薄毛には原因は女性ホルモン。年齢を積み重ねるとだれでも女性の薄毛は起こりえます。
鉄分不足が原因
鉄分不足という状況は女性の薄毛と大きな関係があります。鉄分不足でヘモグロビンが正常に作られなくなると、酸素を全身に運んでもらえなくなり、最初に頭からカットされてしまいます。健康状態により、髪の毛が最初に影響を受けるのです。
髪の毛に悪い食べ物
女性の薄毛を引き起こす原因の中でも毎日の食生活で体内に摂取する食べ物が持つ役割はとても大きい。薄毛の原因になりやすい食べ物の中でも、多くの女性が日常的に摂取しているものと言えば、肉やバター、チーズ使われている欧米的な食事ではないでしょうか。
薄毛の症状
女性の薄毛は女性ホルモンと大きな関係があるため、女性ホルモンの分泌量が減少し始める30代になると、少しずつ女性は薄毛トラブルの兆候を自覚できるようになります。