60代 薄毛原因

60代の薄毛原因に多いのは?

 

女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。女性だけではありませんが、人間の機能は目に見える部分も見えない部分も年月を重ねることによって少しずつ劣化していき、老化現象となって現れます。

 

薄毛という髪のトラブルに関しては、女性ホルモン分泌が減り始める30代ぐらいから少しずつ自覚するようになりますが、50代や60代に入ると、いよいよ本格的に髪の1本1本が細くなってボリュームが出にくくなってしまい、結果的に全体が薄くなって見えることになります。

 

また、女性は60代になると髪の付け根部分の毛乳頭細胞も老化現象によって、活動が低下してきます。そのため、女性の髪が伸びるスピードも若い頃と比べると60代はとても遅くなりますし、毛周期によって髪が再生してくるまでにかかる時間も長くなり、結果的に髪全体が薄くなってしまうのです。

 

薄毛を予防する方法

 

60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直し、できるだけバランスが取れた食生活を心がけることが薄毛予防につながります。また、生活習慣では、毎日の睡眠時間は新陳代謝を活発に行うためにはとても大切なことなので、夜はできるだけ早めに就寝して、ホルモン分泌が行われるゴールデンタイムとなる夜10時から深夜2時までの4時間は熟睡していられるようにしましょう。

 

また、育毛シャンプーなどの育毛剤を活用する方法も効果的です。これらの育毛アイテムを使うことによって、髪に必要な栄養成分を直接与えることができますし、髪の1本1本にハリやコシを与えてくれるので、薄毛が目立ちにくくなるという効果も期待できます。

 

薄毛になってしまった場合の対策

 

60代女性の薄毛は老化現象によるものなので、どんなに予防策に務めても、進行を止めることは難しいものです。しかし女性にとっては薄毛などのトラブルは精神的なストレスになってしまいますし、老化現象だから平気というわけではありません。

 

どうすることもできない薄毛になってしまったら、外出する時には薄毛であることが他人に気づかれないようにウィッグを活用しても良いですし、ヘアスタイルを工夫して、薄毛が目立たないようなヘアスタイルにすることもまた、薄毛対策の一つと言えるでしょう。また、普段のヘアケアでは、育毛シャンプーと育毛剤を併用することも効果的で、薄毛を進行させにくい頭皮環境を作ることができます。

 

関連ページ

10代の薄毛原因
10代に多い薄毛原因と言えば、無理なダイエットによって全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうことによるトラブルやストレスでしょう。
20代の薄毛原因
女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。
30代の薄毛原因
30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスの乱れはそのまま頭皮に影響する為、女性の薄毛原因に直結するのです。
40代の薄毛原因
女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。ただ、育毛ケアで進行を遅らせることは可能なので積極的に育毛ケアしましょう。
50代の薄毛原因
50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。