MENU

女性の脱毛症の特徴

 

女性の脱毛症には、6つの症状があります。あなたの脱毛症はどれに当てはまりますでしょうか?一つずつ特徴がありますので、ご確認ください。

 

びまん性脱毛症

 

びまん性脱毛症とは、アラフォー以上の女性に起こりやすい脱毛症の一つで、部分的ではなく頭皮全体が薄毛の症状が現れます。髪の分け目から地肌が透けて見えたり、髪全体にボリュームがなくなったり、トップがペタンコになりやすくなるという症状が一般的で、こうした症状を自覚している女性は、もしかしたらびまん性脱毛症状が現れているのかもしれません。

 

分娩後脱毛症

 

女性の出産後には、ホルモンバランスが一時的に崩れてしまうため、分娩後脱毛症という脱毛の症状が起こりやすくなります。一時的なホルモンバランスの崩れなので、多くの場合には放置していても自然にトラブル解消できますが、薄毛が気になってストレスになってしまうと、症状がひどくなることがあるので注意しましょう。

 

粃糠性脱毛症

 

粃糠性脱毛症とは、皮脂やフケなどが毛穴をふさぎ、そこから雑菌が繁殖して毛穴が炎症を起こしてしまうタイプの薄毛です。女性だけでなく男性も起こりやすく、頭皮が炎症を起こしてしまうために、毛穴の中の毛母細胞が壊滅的なダメージを受けてしまうことがあり、そうするとその毛穴からは髪が生えてこないという永久的な薄毛になりやすいという特徴があります。

 

円形脱毛症

 

男性に多いと言われている円形脱毛症ですが、女性にも症状が現れることがあります。円形脱毛症は、頭頂部や後頭部が部分的に毛が抜け落ちてしまうという症状が起こります。ストレスが原因になることが多く、ある日突然髪がごそっと抜けて円形脱毛症になるケースが一般的です。

 

牽引性脱毛症

 

女性に多いと言われている牽引性脱毛症とは、毎日ポニーテールなど髪を引っ張るような髪型をしていることによって、毛根が弱くなって抜けてしまうという薄毛のタイプとなります。毛根が弱くなって髪が抜けてしまっても、髪の毛周期に合わせて新しい髪が生えてくるので、それまでは頭皮マッサージなどをして血行促進することが最短の解決策となります。

 

脂漏性脱毛症

 

脂漏性脱毛症とは、ホルモンバランスが崩れて皮脂分泌が活発になり、それによって皮脂が毛穴を詰まらせてしまうというタイプの薄毛です。頭皮や髪がオイリーな状態になるので、もしかしたら自分はオイリー肌なのではないかと考える女性は多いのですが、実はホルモンバランスの崩れが原因で引き起こされていることが多いのが特徴です。規則正しい生活や食生活、ストレス解消などによって自然に解消できるタイプの薄毛です。"