50代 薄毛原因

50代の薄毛原因に多いのは?

 

50代に入ると、多くの人は更年期に直面しますし、老化現象として薄毛になったり抜毛になったりのトラブルが起こりやすくなります。50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。

 

また、髪全体のボリュームがなくなってくるので、頭頂部がぺったんこになって薄毛が目立ちやすくなってしまうこともあるのです。

 

50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。女性ホルモンの分泌は、平均50歳と言われている閉経に向かって急激に少なくなり、50代に入ると女性ホルモンの代わりに男性ホルモンの分泌で代用しようと体が働くことになります。こうした体のホルモンバランスが薄毛や抜毛の原因となってしまいます。

 

薄毛を予防する方法

 

50代の薄毛は老化現象なので、止めることはできません。しかし、女性ホルモンの分泌量が少なくなっても、髪の根元にある毛乳頭がしっかりと機能していれば、髪が抜け落ちてしまう事はありません。そのため、50代女性が薄毛を予防するためには、髪の毛乳頭にシッカリと栄養や酸素が行き届くように普段から頭皮の血行を良くするマッサージをするとか、運動をして全身の血行を良くするなどの方法が効果的です。

 

また、ストレスを溜め込まないような工夫をすることも、薄毛予防効果が期待できます。ストレスを感じると体内では活性酸素が大量に作られてしまい、血行を悪くして栄養が届きにくくなってしまうのです。

 

薄毛になってしまった場合の対策

 

50代で薄毛になってしまったら、まずは頭皮のマッサージをして血行促進を図ると良いでしょう。マッサージをする際には、頭皮全体を両手でわしづかみにするようなイメージでグッと掴み、頭皮全体を上に引っ張り上げるような感じでマッサージをしてあげると良いでしょう。薄さが気になる部分をピンポイントでマッサージするよりも、頭皮全体をマッサージしてあげたほうが大きな効果につながります。

 

また、髪が薄くなってきたなと感じたら、育毛シャンプーや育毛剤を併用するという方法もおすすめです。育毛シャンプーは頭皮や髪に刺激が少なく、毛穴の中の皮脂や汚れをしっかりとかきだしながら発毛や育毛に必要な栄養成分を与えることができますし、育毛剤は頭皮が必要な栄養素をピンポイントで補給することができるので、短期間でも大きな発毛育毛効果が期待できます。

 

関連ページ

10代の薄毛原因
10代に多い薄毛原因と言えば、無理なダイエットによって全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうことによるトラブルやストレスでしょう。
20代の薄毛原因
女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。
30代の薄毛原因
30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスの乱れはそのまま頭皮に影響する為、女性の薄毛原因に直結するのです。
40代の薄毛原因
女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。ただ、育毛ケアで進行を遅らせることは可能なので積極的に育毛ケアしましょう。
60代の薄毛原因
女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直すことから始めましょう。