30代 薄毛原因

30代の薄毛原因に多いのは?

 

20代までは特に頭皮トラブルなどは経験したことがなかったのに、30代に入って急激に薄毛が気になるようになり始めたという女性はたくさんいます。30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。女性ホルモンと髪には大きな関係があるので、女性ホルモン分泌量が減ることによって薄毛トラブルを抱えることは、決して珍しいことではありません。

 

また、30代に入ると、髪の1本1本にコシや弾力が減ってくるため、ヘアスタイルが決まりにくくなったり、分け目がなんとなく薄くなっているような感じを受けることがあります。これは髪の老化現象が原因の薄毛トラブルで、ヘアスタイルを工夫したり、スタイリングの時に髪の根元をボリュームアップできるような工夫をすることで対応できます。

 

その他にも30代の薄毛を引き起こす原因はたくさんあり、例えばダイエットがあげられます。30代になると、新陳代謝が低下してくるために誰でも太りやすく痩せにくくなってしまいますが、ここで痩せようと食事制限をしてしまうと、体が栄養失調や栄養不良な状態となり、薄毛を引き起こすことがあります。

 

薄毛を予防する方法

 

30代の薄毛を予防するためには、まず女性ホルモンのバランスを出来るだけ改善することが必要です。女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事は老化現象の一つなので誰にも止めることはできませんが、そのスピードを遅らせることはできます。

 

女性ホルモンのバランスを保つためには、できるだけ疲労やストレスを普段から溜め込まないように気を付けたり、食生活では女性ホルモンと同じような作用をしてくれるイソフラボンを積極的に食べたりすると効果的です。

 

薄毛になってしまった場合の対策

 

もしも30代で薄毛になり始めたら、1人でクヨクヨしているとどんどん薄毛は進行してしまいます。育毛シャンプーなどの育毛剤を使う方法はもちろん効果的なのですが、もしかしたらプロに診察してもらう事ではっきりとした原因が分かるかもしれないので、まずは病院を受診して原因を探ってみると良いでしょう。

 

育毛シャンプーを使う場合には、たくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていて、それぞれ使用感などが異なります。自分の頭皮環境が必要としている成分が入ったものを選ぶことが大切なので、シャンプーと合わせて育毛剤を併用するという方法も大きな効果が期待できそうですね。

 

関連ページ

10代の薄毛原因
10代に多い薄毛原因と言えば、無理なダイエットによって全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうことによるトラブルやストレスでしょう。
20代の薄毛原因
女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。
40代の薄毛原因
女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。ただ、育毛ケアで進行を遅らせることは可能なので積極的に育毛ケアしましょう。
50代の薄毛原因
50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。
60代の薄毛原因
女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直すことから始めましょう。