20代 薄毛原因

20代の薄毛原因に多いのは?

 

女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。その原因はたくさんありますが、20代という年代で多いのは、ストレスやダイエット、そしてパーマやカラリングなどによる頭皮へのダメージです。

 

20代女性の多くは社会人として働き始めたばかりで、人間関係や仕事のことなどで悩みやストレスを抱えやすいものです。誰にも相談できずにストレスがどんどん蓄積してしまうと、体内の活性酸素が増えすぎてしまい、血行が阻害されて薄毛などのトラブルが起こりやすくなります。

 

また、食事制限によるダイエットもまた、20代女性に多い薄毛の原因となります。特定の食材しか食べなかったり、プチ絶食など栄養摂取を制限すると、体内では栄養失調の状態となって血行が悪くなり、それが抜毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

 

パーマやカラリングも女性の薄毛原因となります。これらの施術には化学成分が使われ、美容室などでは頭皮に入らないように気をつけてもらう事はできますが、髪のキューティクルの間から体内に入り込んだり、頭皮の毛穴の中から体内に侵入するなどして、髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

髪の根元が化学成分によって弱体化されてしまうと、20代でも髪が生えにくくなったり細く弱くなるなどのトラブルが起こりやすくなります。

 

薄毛を予防する方法

 

20代女性が薄毛予防のためにできることはたくさんあります。例えば、パーマやカラリングは、できるだけ頻度を少なくするとか、施術の後にはたっぷりヘアクリームやヘアトリートメントなどで髪に栄養補給をしてあげると良いでしょう。また、女性がダイエットをする際には、食事を制限するのではなく運動をして体重を減らしたり体脂肪を燃焼することで、頭皮のトラブルを未然に防止することができます。

 

また、ストレスは現代社会では完全に除去することができないので、ストレスと上手く付き合う方法を考えたり、ストレス解消法を見つけるなど、ストレス対策をすることによって薄毛トラブルを予防できます。趣味のことをしたり、汗を流したり、映画を見て涙を流すという方法でもストレスを解消できますし、お風呂に入ってホッとリラックスするとか、夜は早めに就寝してグッスリ気持ちよく朝を迎える事もまた、大きなストレス解消法となるのでおすすめです。

 

薄毛になってしまった場合の対策

 

薄毛になってしまったら、放置せずに薄毛クリニックなどに足を運んで原因を突き止めることをおすすめします。また同時に、育毛剤を使って頭皮環境を改善したり、血行促進マッサージなども効果的です。

 

関連ページ

10代の薄毛原因
10代に多い薄毛原因と言えば、無理なダイエットによって全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうことによるトラブルやストレスでしょう。
30代の薄毛原因
30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスの乱れはそのまま頭皮に影響する為、女性の薄毛原因に直結するのです。
40代の薄毛原因
女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。ただ、育毛ケアで進行を遅らせることは可能なので積極的に育毛ケアしましょう。
50代の薄毛原因
50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。
60代の薄毛原因
女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直すことから始めましょう。