17型コラーゲン

17型コラーゲンの減少が薄毛と白髪の原因だった

 

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループは、北海道大学の清水宏教授ら、および前任地の金沢大学田所優子助教らとの共同研究の成果を発表されました。

 

その中で、17型コラーゲンという物質が、白髪と脱毛を抑えていることを発見したと言っていました。

 

髪の毛を作り出しているのは毛包幹細胞と言うところ。この毛包幹細胞を維持していくのに17型コラーゲンが必要となるのですが、加齢とともに17型コラーゲンは自分自身を分解し死んでいくそうです。

 

17型コラーゲンが減るのが問題であれば、自分自身を分解しないようにする薬が出来たら良いのでは?と思うのですが、そんな薬は今はないそうです。

 

また、17型コラーゲン自体も増やしたり、補給したり。そういうことも出来ないようで、今後の研究に期待すると言った所でしょうか。今のところは原因がわかったということで、対処は今後・・・

 

これからに期待しましょう!

 

関連ページ

男性と女性の違い
女性には男性の育毛剤を付けても多くの場合効果がありません。それは女性と男性の抜け毛原因に違いがあるからです。それを知らずに男性用の育毛剤で生えてこないと悩んでいませんか?女性の薄毛と男性の薄毛は原因や症状が異なります。男女の抜け毛・薄毛の違いを知りましょう。
ヘアサイクル
女性の薄毛を語る時に必ず必要なのがヘアサイクルについて。ヘアサイクルとは髪の毛の生まれ変わりのサイクルのことです。髪の毛は生まれたら必ず抜け落ちます。その過程において、毛根が安いんでいる期間を短くすることで抜け毛対策になります。
女性のつむじが薄毛になる原因と対策
女性のつむじ周辺の薄毛は、円形脱毛症のように部分的に薄くなるものではありません。全体的につむじ周辺がうすくなり、薄毛が広がっていく感じ。女性のつむじ周辺の薄毛には原因は女性ホルモン。年齢を積み重ねるとだれでも女性の薄毛は起こりえます。
鉄分不足が原因
鉄分不足という状況は女性の薄毛と大きな関係があります。鉄分不足でヘモグロビンが正常に作られなくなると、酸素を全身に運んでもらえなくなり、最初に頭からカットされてしまいます。健康状態により、髪の毛が最初に影響を受けるのです。
6つの脱毛症
女性の脱毛症には、6つの症状があります。あなたの抜け毛はどれに当てはまりますでしょうか?一つずつ特徴がありますので、ご確認ください。
髪の毛に悪い食べ物
女性の薄毛を引き起こす原因の中でも毎日の食生活で体内に摂取する食べ物が持つ役割はとても大きい。薄毛の原因になりやすい食べ物の中でも、多くの女性が日常的に摂取しているものと言えば、肉やバター、チーズ使われている欧米的な食事ではないでしょうか。
薄毛の症状
女性の薄毛は女性ホルモンと大きな関係があるため、女性ホルモンの分泌量が減少し始める30代になると、少しずつ女性は薄毛トラブルの兆候を自覚できるようになります。