MENU

17型コラーゲンの減少が薄毛と白髪の原因だった

 

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループは、北海道大学の清水宏教授ら、および前任地の金沢大学田所優子助教らとの共同研究の成果を発表されました。

 

その中で、17型コラーゲンという物質が、白髪と脱毛を抑えていることを発見したと言っていました。

 

髪の毛を作り出しているのは毛包幹細胞と言うところ。この毛包幹細胞を維持していくのに17型コラーゲンが必要となるのですが、加齢とともに17型コラーゲンは自分自身を分解し死んでいくそうです。

 

17型コラーゲンが減るのが問題であれば、自分自身を分解しないようにする薬が出来たら良いのでは?と思うのですが、そんな薬は今はないそうです。

 

また、17型コラーゲン自体も増やしたり、補給したり。そういうことも出来ないようで、今後の研究に期待すると言った所でしょうか。今のところは原因がわかったということで、対処は今後・・・

 

これからに期待しましょう!