10代 薄毛原因

10代の薄毛原因に多いのは?

 

薄毛や抜毛などのトラブルを抱えるのは、年齢を重ねた女性だけではありません。本来なら髪はボリュームたっぷりでフサフサしているはずの10代女性でも、薄毛などのトラブルを抱えてしまう事はあります。髪のトラブルには女性ホルモンや血行などいろいろな要素が関係していますが、10代という年代に多い薄毛原因と言えば、無理なダイエットによって全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまうことによるトラブルとか、受験勉強や学校での人間関係によるストレスで女性ホルモンがバランスを崩してしまうという原因ではないでしょうか。

 

10代の女性は、一般的には思春期と呼ばれる時期になるので女性ホルモンが活発に分泌されやすい年齢です。しかし女性ホルモンはとても繊細なもので、ストレスや疲労などによってバランスを崩しやすいという特徴があります。毎日ストレスフリーでゆったりとした気持ちで過ごすことができれば、薄毛や抜毛などのトラブルを抱えることは少ないのですが、現代社会では10代の女性にとってストレスや疲労を感じさせる要因がたくさんあるので、頭皮トラブルが起こりやすくなっているのです。

 

薄毛を予防する方法

 

10代の薄毛を予防するためには、まず女性ホルモンの分泌バランスを整えてあげるための工夫が必要です。例えば、疲れやストレスはできるだけ翌日まで持ち越さないように考え方とか性格の改善に努めるとか、夜はできるだけグッスリ眠れるように工夫するなどは大きな効果が期待できます。また、頭皮の血行が悪いと一つ一つの細胞に十分な栄養や酸素が行き渡らないので、頭皮マッサージをしたりして血行促進に努めることも良いでしょう。

 

薄毛になってしまった場合の対策

 

もしも10代で薄毛になってしまったら、放置して自然に解消できることもありますが、場合によってはどんどん薄毛が進行して毛穴が長期休業状態に突入してしまう可能性があるので、放置は禁物です。生活習慣や食生活を見直すと同時に、シャンプーは髪にも頭皮にも刺激が少ない育毛シャンプーを使うようにしたり、血行促進のためにシャンプーをする際には、頭皮を両手でグッと掴んでマッサージをするなど、工夫をしましょう。また、シャンプー以外の育毛剤を併用しても良いでしょう。大切なことは、頭皮が必要としている成分をシャンプーや他の育毛剤で補給してあげることです。

 

関連ページ

20代の薄毛原因
女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。
30代の薄毛原因
30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。ホルモンバランスの乱れはそのまま頭皮に影響する為、女性の薄毛原因に直結するのです。
40代の薄毛原因
女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。ただ、育毛ケアで進行を遅らせることは可能なので積極的に育毛ケアしましょう。
50代の薄毛原因
50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。
60代の薄毛原因
女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直すことから始めましょう。