MENU

アラサー以上の女子は要注意

 

女性の薄毛は毎日の生活の中で少しずつ進行していくことが多く、昨日まではフサフサだったのに今朝起きたらいきなり薄毛になっていたという症状は少ないものです。女性の薄毛は女性ホルモンと大きな関係があるため、女性ホルモンの分泌量が減少し始める30代になると、少しずつ女性は薄毛トラブルの兆候を自覚できるようになります。

 

例えば、

  • 髪に艶がなくなった
  • ヘアスタイルが決まらない
  • なんとなくトップがペタンコ

などの症状を自覚することが多くなった場合には、もしかしたらそれは女性の薄毛の症状の始まりなのかもしれません。できるだけ生活習慣や食生活を見直すと同時に、女性ホルモンのバランスを整えやすい生活を心がけたいものです。

 

特に、30代に入ると、10代や20代の頃には似合っていた髪型が似合わなくなってしまうことが多いものです。これは、髪にハリやコシがなくなったり、ボリュームがなくなったり薄毛が進行していることが原因の症状と考えられます。

 

頭皮のベタツキは要注意

 

女性の薄毛は、色々な症状から兆候を知ることができます。

 

頭皮のベタツキ

何もしていないのにワックスを付けたような感じで頭皮がベタベタしたり、髪がオイリーな感じがするという症状は、もしかしたら薄毛の兆候かもしれません。

 

頭皮が硬い

両手で頭部をグッと掴んで、上に引き上げるような感じでマッサージしてみてください。その時に、なんとなく頭皮が硬いような気がした場合、頭皮が硬いことで血行が悪くなっている可能性が考えられます。

 

頭がかゆい

それまでは頭がかゆい症状はなかったのに、最近は頻繁にかゆくなるとかフケが出やすくなったという場合には、女性の薄毛の兆候である確率がとても高いと言えます。頭皮の乾燥や間違ったヘアケア、頭皮の乾燥によって引き起こされた皮脂の過剰分泌など、改善しなければいけないポイントはたくさんあります。

 

髪質によっても判断できる

 

薄毛は頭皮トラブルですが、自分の髪質が変化することによっても薄毛の兆候を自覚することができます。

 

前髪が細くなっている

前髪は他の部分と比べると、薄毛の兆候が表れやすい部位です。もしも前髪のハリやコシ、弾力がなくなっているような場合や、細く繊維化しているような場合には、薄毛の兆候がすでに表れていると言っても過言ではありません。前髪を立ち上げるようなヘアスタイルは決まりにくくなるので、髪型を見直すことが必要となりますし、できるだけ早期に薄毛対策を始めることをおすすめします。"