MENU

女性の薄毛の原因

 

女性の薄毛の原因にはいろいろなものがあります。年代によってどのような原因で薄毛トラブルが起こりやすいかという傾向は異なりますが、女性の場合にはすべての年代を通して女性ホルモンと薄毛に大きな関係があると言われています。

 

女性ホルモンは思春期の頃に活発に分泌されるようになりますが、30代に入ると年齢とともに分泌が少しずつ低下して、40代になると急激に低下してしまいます。しかしホルモン分泌の現象を引き起こす要因は年齢だけではなく、無理なダイエットをすることによってホルモンバランスが崩れたりすることもあり、それが薄毛の原因になることもあります。

 

また、女性の場合には男性よりも冷え性が多いですが、冷え性というのは血行が良くないということで、これもまた薄毛の原因となってしまいます。血行が悪くなると、頭皮のように毛細血管が多い部分には血液が十分に届きにくくなり、一つ一つの細胞に十分な酸素や栄養成分が行き渡らないことによって髪を作る機能が低下しやすくなってしまうのです。

 

治療するまでもない場合が多い

 

女性は男性よりも、薄毛トラブルに対してストレスを抱えやすいものです。しかし多くの場合、女性ホルモンがバランスを崩していたり、血行不良によって十分な酸素や栄養成分が頭皮の細胞に届いていないことが原因。これらは病院で治療を受けなくても、生活習慣や食生活を見直すことによって自然な治療効果が期待できます。

 

つまり、女性の薄毛トラブルは、病院で治療が必要なケースはそれほど多くはなく、自分自身で気を付けたり工夫することによって自然にトラブルを解消できる可能性が高いということになります。

 

治療が必要な場合はこんな時

 

女性の薄毛の全てが生活習慣や食生活を見直せば解決できるというわけではありません。場合によっては、病院で適切な治療をしなければ薄毛がどんどん進行してしまい、取り返しがつかない状態になってしまうこともあります。病院での治療が必要になるのは、自宅で生活習慣や食生活を見直しているのに症状が改善できない場合や、頭皮全体が薄くなってきて地肌が透けて見えるようになってしまった場合などがあります。

 

クリニック以外の薄毛対策

 

クリニック以外の薄毛対策としては、育毛シャンプーを使う方法がオススメです。育毛シャンプーは、頭皮や髪への刺激が少なく、毛穴の中の汚れを徹底的に洗い落とすことができますし、頭皮や髪に栄養補給もできます。そのため、健康な髪が生えやすくて伸びやすい頭皮環境を作ることができるのです。