MENU

年齢別の女性薄毛原因

 

薄毛は男性だけでなく女性にとっても深刻な悩みになっています。
その要因は性別で異なりますが、実は年代別にも異なります。

 

ここではその原因について説明したいと思います。

 

10代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

10代の薄毛原因に多いのは?

薄毛や抜毛などのトラブルを抱えるのは、年齢を重ねた女性だけではありません。

 

本来なら髪はボリュームたっぷりでフサフサしているはずの10代女性でも、薄毛などのトラブルを抱えてしまう事はあります。
髪のトラブルには女性ホルモンや血行などいろいろな要素が関係しています。

 

10代という年代に多い薄毛原因と言えば、

  • 無理なダイエット
  • 受験勉強や学校での人間関係によるストレス

これらの原因によって、全身の血行が悪くなってしまい、頭皮に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまったり、女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。

 

10代の女性は、一般的には思春期と呼ばれる時期になるので女性ホルモンが活発に分泌されやすい年齢です。
しかし女性ホルモンはとても繊細なもので、ストレスや疲労などによってバランスを崩しやすいという特徴があります。

 

毎日ストレスフリーでゆったりとした気持ちで過ごすことができれば、薄毛や抜毛などのトラブルを抱えることは少ないと思います。
ですが、現代社会では10代の女性にとってストレスや疲労を感じさせる要因がたくさんあるので、頭皮トラブルが起こりやすくなっているのです。

薄毛を予防する方法

10代の薄毛を予防するためには、まず女性ホルモンの分泌バランスを整えてあげるための工夫が必要です。

 

例えば、疲れやストレスはできるだけ翌日まで持ち越さないように考え方とか性格の改善に努めるとか、夜はできるだけグッスリ眠れるように工夫するなどは大きな効果が期待できます。
また、頭皮の血行が悪いと一つ一つの細胞に十分な栄養や酸素が行き渡らないので、頭皮マッサージをしたりして血行促進に努めることも良いでしょう。

薄毛になってしまった場合の対策

もしも10代で薄毛になってしまったら、放置して自然に解消できることもありますが、場合によってはどんどん薄毛が進行して毛穴が長期休業状態に突入してしまう可能性があるので、放置は禁物です。
生活習慣や食生活を見直すと同時に、シャンプーは髪にも頭皮にも刺激が少ない育毛シャンプーを使うようにしたり、血行促進のためにシャンプーをする際には、頭皮を両手でグッと掴んでマッサージをするなど、工夫をしましょう。

 

また、シャンプー以外の育毛剤を併用しても良いでしょう。
大切なことは、頭皮が必要としている成分をシャンプーや他の育毛剤で補給してあげることです。

 

20代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

20代の薄毛原因に多いのは?

女性は20代の若さだと、一般的には薄毛などのトラブルは起こりにくいものです。
しかし近年では薄毛トラブルに悩む20代女性が急増していると言われています。

 

その原因はたくさんありますが、20代という年代で多いのは、ストレスやダイエット、そしてパーマやカラリングなどによる頭皮へのダメージです。

 

20代女性の多くは社会人として働き始めたばかりで、人間関係や仕事のことなどで悩みやストレスを抱えやすいものです。
誰にも相談できずにストレスがどんどん蓄積してしまうと、体内の活性酸素が増えすぎてしまい、血行が阻害されて薄毛などのトラブルが起こりやすくなります。

 

また、食事制限によるダイエットもまた、20代女性に多い薄毛の原因となります。
特定の食材しか食べなかったり、プチ絶食など栄養摂取を制限すると、体内では栄養失調の状態となって血行が悪くなり、それが抜毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

 

パーマやカラリングも女性の薄毛原因となります。
これらの施術には化学成分が使われ、美容室などでは頭皮に入らないように気をつけてもらう事はできますが、髪のキューティクルの間から体内に入り込んだり、頭皮の毛穴の中から体内に侵入するなどして、髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

髪の根元が化学成分によって弱体化されてしまうと、20代でも髪が生えにくくなったり細く弱くなるなどのトラブルが起こりやすくなります。

薄毛を予防する方法

20代女性が薄毛予防のためにできることはたくさんあります。
例えば、パーマやカラリングは、できるだけ頻度を少なくするとか、施術の後にはたっぷりヘアクリームやヘアトリートメントなどで髪に栄養補給をしてあげると良いでしょう。
また、女性がダイエットをする際には、食事を制限するのではなく運動をして体重を減らしたり体脂肪を燃焼することで、頭皮のトラブルを未然に防止することができます。

 

また、ストレスは現代社会では完全に除去することができないので、ストレスと上手く付き合う方法を考えたり、ストレス解消法を見つけるなど、ストレス対策をすることによって薄毛トラブルを予防できます。
趣味のことをしたり、汗を流したり、映画を見て涙を流すという方法でもストレスを解消できますし、お風呂に入ってホッとリラックスするとか、夜は早めに就寝してグッスリ気持ちよく朝を迎える事もまた、大きなストレス解消法となるのでおすすめです。

薄毛になってしまった場合の対策

薄毛になってしまったら、放置せずに薄毛クリニックなどに足を運んで原因を突き止めることをおすすめします。
また同時に、育毛剤を使って頭皮環境を改善したり、血行促進マッサージなども効果的です。

 

30代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

30代の薄毛原因に多いのは?

20代までは特に頭皮トラブルなどは経験したことがなかったのに、30代に入って急激に薄毛が気になるようになり始めたという女性はたくさんいます。
30代という年代は、年齢的に女性ホルモンの分泌量が少なくなるため、ホルモンバランスが崩れやすい傾向にあります。

 

女性ホルモンと髪には大きな関係があるので、女性ホルモン分泌量が減ることによって薄毛トラブルを抱えることは、決して珍しいことではありません。

 

また、30代に入ると、髪の1本1本にコシや弾力が減ってくるため、ヘアスタイルが決まりにくくなったり、分け目がなんとなく薄くなっているような感じを受けることがあります。
これは髪の老化現象が原因の薄毛トラブルで、ヘアスタイルを工夫したり、スタイリングの時に髪の根元をボリュームアップできるような工夫をすることで対応できます。

 

その他にも30代の薄毛を引き起こす原因はたくさんあり、例えばダイエットがあげられます。
30代になると、新陳代謝が低下してくるために誰でも太りやすく痩せにくくなってしまいますが、ここで痩せようと食事制限をしてしまうと、体が栄養失調や栄養不良な状態となり、薄毛を引き起こすことがあります。

薄毛を予防する方法

30代の薄毛を予防するためには、まず女性ホルモンのバランスを出来るだけ改善することが必要です。
女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事は老化現象の一つなので誰にも止めることはできませんが、そのスピードを遅らせることはできます。

 

女性ホルモンのバランスを保つためには、できるだけ疲労やストレスを普段から溜め込まないように気を付けたり、食生活では女性ホルモンと同じような作用をしてくれるイソフラボンを積極的に食べたりすると効果的です。

薄毛になってしまった場合の対策

もしも30代で薄毛になり始めたら、1人でクヨクヨしているとどんどん薄毛は進行してしまいます。
育毛シャンプーなどの育毛剤を使う方法はもちろん効果的なのですが、もしかしたらプロに診察してもらう事ではっきりとした原因が分かるかもしれないので、まずは病院を受診して原因を探ってみると良いでしょう。

 

育毛シャンプーを使う場合には、たくさんのメーカーからいろいろな商品がラインナップされていて、それぞれ使用感などが異なります。
自分の頭皮環境が必要としている成分が入ったものを選ぶことが大切なので、シャンプーと合わせて育毛剤を併用するという方法も大きな効果が期待できそうですね。

 

40代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

40代の薄毛原因に多いのは?

女性は40代になると、多くの人が薄毛や抜毛などのトラブルを抱えやすくなります。
これは年齢によって女性ホルモンの分泌が低下するためで、個人差はありますが40代に入ると多くの人が女性ホルモンの分泌が急降下し始めて更年期に向かって突入するため、薄毛が起こりやすくなってしまいます。

 

老化現象による女性ホルモンの分泌低下は、誰にもどうすることもできない自然な現象です。
しかし、ヘアスタイルを工夫したり、育毛シャンプーを使うなどして、その現象が進行するのを遅くすることは可能です。

 

ちなみに、40代女性の薄毛トラブルでは、どこからどんな風に薄くなっていくのかによっていくつかのタイプに分類できます。例えば、男性の薄毛が進行するような感じでおでこの方からM字で薄くなっていくタイプもあれば、頭頂部がフランシスコ・ザビエルような感じで薄くなっていくタイプもあります。

 

しかし一般的に40代女性に多いのは、「び漫性脱毛症」と呼ばれるタイプで、これは頭頂部が部分的に薄くなって地肌が見えてしまうというよりは、少しずつ広い面積で薄くなるために、分け目の部分から薄くなってしまったり、ヘアスタイルによって薄さが目立つなどの場合が多いのです。

薄毛を予防する方法

40代女性の薄毛は、自然な老化現象なので誰にも完全に止めることはできません。
しかし、生活習慣を見直したり、シャンプーには育毛シャンプーを使ったり、また普段から頭皮の血行を促進するようなマッサージを行うことによってある程度予防することができます。

 

例えば生活習慣を見直す方法では、睡眠時間がとても大切となります。
新陳代謝が活発に行われる中でも、頭皮や髪と大きな関係のある成長ホルモンや女性ホルモンが分泌されるのは、夜10時から深夜2時までの4時間なので、この時間帯はできるだけ熟睡していることが、薄毛予防につながります。

 

また、シャンプーは普段使っているものから育毛効果が高いシャンプーに変えるだけでも予防法としては良いですし、血行促進のためのマッサージを日常的に行うことによって、頭皮を柔らかく維持することができて薄毛になりにくい頭皮環境を作ることができます。

薄毛になってしまった場合の対策

40代で薄毛になってしまったら、生活習慣やシャンプー、頭皮マッサージをしながら食生活を見直すこともおすすめです。
特に育毛シャンプーと育毛剤の併用は、頭皮や毛髪に必要な栄養成分を直接与えることができ、頭皮環境の改善に大きな効果が期待できます。

 

50代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

50代の薄毛原因に多いのは?

50代に入ると、多くの人は更年期に直面しますし、老化現象として薄毛になったり抜毛になったりのトラブルが起こりやすくなります。
50代女性の特徴としては、髪の1本1本が細くなって抜けやすくなってしまったり、髪にハリやコシがなくなってしまい、ヘアスタイルが決まりにくくなってしまいます。

 

また、髪全体のボリュームがなくなってくるので、頭頂部がぺったんこになって薄毛が目立ちやすくなってしまうこともあるのです。

 

50代女性の薄毛の原因は、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事にあります。女性ホルモンの分泌は、平均50歳と言われている閉経に向かって急激に少なくなり、50代に入ると女性ホルモンの代わりに男性ホルモンの分泌で代用しようと体が働くことになります。
こうした体のホルモンバランスが薄毛や抜毛の原因となってしまいます。

薄毛を予防する方法

50代の薄毛は老化現象なので、止めることはできません。
しかし、女性ホルモンの分泌量が少なくなっても、髪の根元にある毛乳頭がしっかりと機能していれば、髪が抜け落ちてしまう事はありません。
そのため、50代女性が薄毛を予防するためには、髪の毛乳頭にシッカリと栄養や酸素が行き届くように普段から頭皮の血行を良くするマッサージをするとか、運動をして全身の血行を良くするなどの方法が効果的です。

 

また、ストレスを溜め込まないような工夫をすることも、薄毛予防効果が期待できます。
ストレスを感じると体内では活性酸素が大量に作られてしまい、血行を悪くして栄養が届きにくくなってしまうのです。

薄毛になってしまった場合の対策

50代で薄毛になってしまったら、まずは頭皮のマッサージをして血行促進を図ると良いでしょう。
マッサージをする際には、頭皮全体を両手でわしづかみにするようなイメージでグッと掴み、頭皮全体を上に引っ張り上げるような感じでマッサージをしてあげると良いでしょう。
薄さが気になる部分をピンポイントでマッサージするよりも、頭皮全体をマッサージしてあげたほうが大きな効果につながります。

 

また、髪が薄くなってきたなと感じたら、育毛シャンプーや育毛剤を併用するという方法もおすすめです。
育毛シャンプーは頭皮や髪に刺激が少なく、毛穴の中の皮脂や汚れをしっかりとかきだしながら発毛や育毛に必要な栄養成分を与えることができますし、育毛剤は頭皮が必要な栄養素をピンポイントで補給することができるので、短期間でも大きな発毛育毛効果が期待できます。

 

60代の女性に多い薄毛の原因とその対策

 

60代の薄毛原因に多いのは?

女性は60代になると、髪が薄くなったり抜毛が多くなるなどのトラブル以外にも、全身のあらゆる部分に老化現象を自覚するようになります。
女性だけではありませんが、人間の機能は目に見える部分も見えない部分も年月を重ねることによって少しずつ劣化していき、老化現象となって現れます。

 

薄毛という髪のトラブルに関しては、女性ホルモン分泌が減り始める30代ぐらいから少しずつ自覚するようになりますが、50代や60代に入ると、いよいよ本格的に髪の1本1本が細くなってボリュームが出にくくなってしまい、結果的に全体が薄くなって見えることになります。

 

また、女性は60代になると髪の付け根部分の毛乳頭細胞も老化現象によって、活動が低下してきます。
そのため、女性の髪が伸びるスピードも若い頃と比べると60代はとても遅くなりますし、毛周期によって髪が再生してくるまでにかかる時間も長くなり、結果的に髪全体が薄くなってしまうのです。

薄毛を予防する方法

60代女性の薄毛を予防する方法としては、まず食生活や生活習慣を見直し、できるだけバランスが取れた食生活を心がけることが薄毛予防につながります。
また、生活習慣では、毎日の睡眠時間は新陳代謝を活発に行うためにはとても大切なことなので、夜はできるだけ早めに就寝して、ホルモン分泌が行われるゴールデンタイムとなる夜10時から深夜2時までの4時間は熟睡していられるようにしましょう。

 

また、育毛シャンプーなどの育毛剤を活用する方法も効果的です。
これらの育毛アイテムを使うことによって、髪に必要な栄養成分を直接与えることができますし、髪の1本1本にハリやコシを与えてくれるので、薄毛が目立ちにくくなるという効果も期待できます。

薄毛になってしまった場合の対策

60代女性の薄毛は老化現象によるものなので、どんなに予防策に務めても、進行を止めることは難しいものです。
しかし女性にとっては薄毛などのトラブルは精神的なストレスになってしまいますし、老化現象だから平気というわけではありません。

 

どうすることもできない薄毛になってしまったら、外出する時には薄毛であることが他人に気づかれないようにウィッグを活用しても良いですし、ヘアスタイルを工夫して、薄毛が目立たないようなヘアスタイルにすることもまた、薄毛対策の一つと言えるでしょう。
また、普段のヘアケアでは、育毛シャンプーと育毛剤を併用することも効果的で、薄毛を進行させにくい頭皮環境を作ることができます。