MENU

ヘアカラーは頭皮を痛める?

 

おしゃれ染などに代表されるヘアカラーは、女性の頭皮にも髪にも大きなダメージを与えます。その理由は、ヘアカラーには化学成分が使われていて、それが頭皮や髪にとっては大きな刺激となってしまうからです。

 

特に、おしゃれ染のように地毛よりも明るい色に染められるタイプのヘアカラーは女性にとっては高い人気がありますが要注意。化学成分によって開いたキューティクルの隙間から化学成分が浸透し、そこから頭皮細胞へと伝わってしまいます。そのため、薄毛のリスクが高くなりますし、すでに薄毛で悩んでいる人にとっては薄毛を悪化させてしまう原因にもなってしまうのです。

 

ヘアカラーのし過ぎは頭皮を痛める危険あり

 

薄毛になりたくはないけれどヘアカラーも楽しみたいという女性はたくさんいます。ヘアカラーを使わないことが女性の薄毛予防という点では理想的なのですが、どうしても使いたいという女性は、染める頻度を減らすことによって薄毛リスクを少なくすることができます。

 

ヘアカラーを使いすぎてしまうと、頭皮や髪が受けたダメージが十分に回復しないうちに次のヘアカラーでさらにダメージが悪化してしまい、薄毛リスクはどんどん高くなってしまうので注意しましょう。

 

適度なヘアカラーの頻度は?

 

頭皮へのダメージを出来るだけ最小限に抑えながらヘアカラーを使いたい女性は、2か月に1度ぐらいの頻度を守るようにしましょう。これよりも頻度が多くなってしまうと、頭皮や髪へのダメージが回復しない状態でさらにヘアカラーを使うことになるので、頭皮環境が劣悪になってしまいます。

 

もちろん、2か月に1度という頻度よりも少ない頻度でOKという場合には、頻度が少ない方が頭皮へのダメージを減らすことができるので、薄毛予防効果につながります。

 

できればヘアカラーは美容院で

 

女性がヘアカラーをする場合には、ドラッグストアなどで市販されているものよりは、美容院などで染めてもらう方が、頭皮へのダメージを少なく抑えることができます。その理由は、美容院で使われているヘアカラーは、市販されているよりも頭皮や髪へのダメージが少ないものが使われているという点と、染める際には頭皮の表面に化学成分がつかないように細心の注意をしながら施術してくれるからです。

 

市販のヘアカラーを自分で使う場合だと、化学成分が強いので頭皮へのダメージが大きくなってしまいますし、頭皮に成分がベッタリついてしまったりして、頭皮ダメージや薄毛の原因にもなってしまいます。