MENU

洗髪法を変えれば薄毛予防になる

 

女性の薄毛を予防するためには、毎日のシャンプーの仕方を見直すことが大きな予防効果につながります。シャンプーをする頻度は、多くても1日1回程度にしておき、もしも頭皮が乾燥していたり髪がパサつきやすいという女性の場合には、2日に1度ぐらいの頻度でシャンプーするなど、頭皮環境に合わせて頻度を自分なりに調整することが、女性の薄毛予防対策につながります。

 

洗髪法ですが、乾いている髪にいきなりシャンプーをつけるのはNG。シャンプー剤を使う前に、しっかりとお湯で髪と頭皮を濡らしてあげましょう。お湯を使うだけでも毛穴の中の皮脂をある程度洗い落とすことができるので、女性の薄毛予防効果が期待できます。

 

薄毛予防のための正しいシャンプー法

 

女性が薄毛にならないための予防策としては、シャンプーをする時に気を付けたい点がいくつかあります。まず1つ目は、シャンプーは軽く手のひらで泡立ててから頭皮につけてあげるようにしましょう。こうすることによって、少量のシャンプーでもきめ細かい泡が毛穴の中に入り込んで、皮脂や汚れをより確実に落とすことができます。そしてそれが、女性の薄毛予防対策となります。

 

2つ目は、シャンプーの時に指でゴシゴシするのはNGなので気を付けましょう。薄毛を進行させないための洗い方としては、両手で頭部全体をしっかりとつかみ、上に引き上げるようなイメージでマッサージしながら洗ってあげるのがポイントです。頭皮全体を洗う場合には、爪ではなく指の腹を使ってあげることで、頭皮への刺激を減らすことができます。女性は爪が伸びている人が多いのですが、爪を使うと頭皮に傷がついて頭皮環境が悪くなってしまうのでNGです。

 

シャンプー後の仕上げで薄毛予防

 

どんなに正しい方法でシャンプーしても、アフターケアが間違っていると頭皮環境を改善することはできません。シャンプーの後はたっぷりとすすぎ残しがないように洗い流してあげて、その後はドライヤーを使って髪の根元を乾かしてあげましょう。

 

髪がパサつきやすい女性や傷みやすい髪の女性などは、ドライヤーが髪へのダメージを大きくしていると考えることがありますが、それはドライヤーの使い方が間違っているためです。ドライヤーは、毛先ではなく頭皮を乾かすように心がけることと、髪からできるだけ遠く離して使ってあげるのがポイントです。頭皮をシッカリ乾かすことによって、女性の薄毛を予防することができますよ。

 

また、シャンプー自体がとても優しい成分で出来ている育毛シャンプーもあります。育毛シャンプーで正しいシャンプーの仕方を実践すれば、女性の薄毛予防としては最高の対策になるでしょう。

 

育毛シャンプーの購入は↓
女性の薄毛にマイナチュレ シャンプー
 

女性の薄毛は、育毛シャンプーよりも育毛剤で!

男性だけでなく女性にとっても大きな悩みとなっている薄毛ですが、その多くは頭部の皮膚がカサカサに乾燥してしまう事によって引き起こされてしまう物となっています。
しかしこの頭部の皮膚の乾燥という物には多くの発生原因がある物となっており、その中でも代表的な物は強い紫外線や乾燥した空気等の外部環境や室内空調といった生活環境・加齢による地肌の老化や皮脂及び女性ホルモンの分泌バランスの乱れ・肌質や体質、ストレス等といった内的要因・脂漏性皮膚炎や脂漏性湿疹、粃糠性脱毛症等といった症状となっているのです。

 

さてこの女性の薄毛対策としては育毛シャンプーと育毛剤という2つの商品が販売されているのですが、今回のテーマとなっている頭部の皮膚が乾燥してしまう事によって引き起こされてしまう薄毛の対策としては実は育毛剤の方が良い物となっています。

 

これは薄毛の症状の影響で抜け毛が多くなってしまうと育毛シャンプーでは利用者が満足出来る効果が望めない物となっているからで、こうなると高い育毛・発毛促進が望める物となっている育毛剤の方が効果を期待出来る物となるのです。

 

またもう1つの理由として女性用育毛剤の殆どには頭皮を乾燥から守る保湿成分が配合されている事が挙げられ、これ等によって頭部の皮膚の乾燥による薄毛対策として育毛剤は効果的な物になっています。