MENU

アラフォーは女性ホルモンが減少する

 

女性の女性ホルモン分泌は、30代ぐらいから少しずつ減少し始めますが、アラフォーになると急激に減少し始めて平均50歳と言われる閉経に向かって確実に減り続けていきます。女性ホルモンと髪には大きな関係があり、女性ホルモンの分泌量が減ることによって抜け毛や薄毛などのトラブルが起こりやすくなりますし、髪にハリやコシ、ボリュームがなくなって抜け毛が増えてしまいます。

 

女性ホルモンが減少するとどうなる?

 

髪には毛周期というサイクルがあります。毛周期には、毛穴から髪が伸びる成長期、成長が止まって抜け落ちる準備をする後退期、そして次に髪が生える準備が毛穴の中で行われている休止期の3つがありますが、女性ホルモンの分泌量が減少すると、毛周期の成長期が短くなって休止期が長くなるという現象が起こります。

 

つまり、髪が生えて伸びる期間が短くなって、抜けたまま生えてこない期間が長くなってしまうのです。これが、髪全体のボリュームが少なくなって薄毛となるメカニズムですし、抜毛が増えたような気がする原因にもなります。

 

女性が薄毛になる前兆は?

 

女性の薄毛や抜け毛は老化現象の一つなので誰にも止めることはできません。しかし、何かのキッカケや原因があると、薄毛や抜け毛などのトラブルが一気に進行してしまう可能性があるので注意が必要です。女性の薄毛は男性の薄毛とは傾向が異なり、部分的に薄くなることよりも、頭皮全体が薄くなっていくことが多いようです。

 

もしも、髪にハリやコシ、ボリュームがなくなったなと感じたり、ヘアスタイルが決まりにくくなったような気がしたり、また分け目の部分から地肌がすけて見えるようになってくるなどの前兆があったら、もしかしたらそれは薄毛になる前触れなのかもしれません。

 

アラフォー女性の抜け毛対策

 

アラフォー女性の多くは、何かしらの薄毛や抜け毛の悩みを抱えたことがあるはずです。これは老化現象の一つなので、完全に止めることは難しいのですが、抜け毛対策をすることによって老化のスピードを遅らせることはできます。

 

具体的な対策としては、まず頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージを欠かさず行うようにしたり、シャンプーは頭皮や髪へのダメージを最小限に抑えることができる育毛シャンプーを使うのも良いでしょう。また、体内のホルモン分泌を出来るだけ正常な状態へと近づけるためにも、規則正しい生活を心がけて、夜は早めに就寝する習慣をつけることも効果的です。